MENU
グラサマのユニット情報を更新していきます

【グラサマ】『凶禍ロン』性能詳細・評価【グランドサマナーズ】

凶禍ロン

凶禍ロン』の性能詳細・評価を紹介します。

『凶禍ロン』は水属性で初の超覚醒ユニットです。

\ストアページはコチラ/

目次

凶禍ロンのステータス/アビリティ/必要素材

ステータス
ステータス+補正最大値
最大HP7056+1333
最大攻撃力3725+646
最大防御力3234+666
【アビリティ:怨の禍】(Lv.1)

出血Lv2以上の敵に対するダメージ150%UP

【アビリティ:苦の禍】(Lv.110)

出血Lv3の敵に対する命中率100%UP

【アビリティ:暗闇耐性Lv8】(Lv.90)

暗闇時間短縮率80%UP

暗闇回避率80%UP

必要な超覚醒素材
  • 覚醒魂x30
  • 氷精の霊珠x220

凶禍ロンの超奥義/真奥義/奥義/スキル/

超奥義

180,000%の水属性物理ダメージ

25秒間、自身の攻撃力100%アップ・敵の水属性耐性100%ダウン

ブレイク力:2,500

真奥義

80,000%の水属性物理ダメージ

100%の確率で敵を出血状態にする

敵が出血状態の場合、100%の確率で出血レベルを1アップ(最大3)

ブレイク力:1,800

奥義

27,000%の水属性物理ダメージ

敵が出血状態の場合、80%の確率で敵を病気状態にする

ブレイク:1,000

スキル

2,500%の水属性物理ダメージ

自身の奥義ゲージ30アップ

ブレイク:600

CT:10秒

凶禍ロンの評価

強い点
  • 出血を活かした立ち回りで与ダメ・命中率がアップする点は良い
  • 奥義の出血時に病気付与は強い
  • 出血の確率は100%のため、時間をかければレベルアップさせていきやすい
  • 効果時間の長い自己バフと水属性耐性ダウンの超奥義はかなり重いが火力は良い
  • 防御5装備が持てる
残念な点
  • 敵を出血にしなければ始まらない。全体的に性能が長期戦向きで重たい。
  • 優秀なサポーターが必須
  • スキルの奥義ゲージ供給30は数値的に厳しい
  • 真装備の専用アビリティが微妙

実装タイミングでは特に必須級のユニットではありません。現状、無理して狙う超覚醒ユニットではないでしょう。クリスタルが心許ないならスルーでもOKです。

凶禍ロンの真装備

凶禍ロンの真装備は交換したほうがいいですか?

凶禍ロンの専用アビリティがダメージ40%アップのみなので、交換不要です。

凶禍ロンの真装備を無理して取る必要はありません。

凶禍ロンおすすめの紋章

おすすめの紋章
  • 攻撃力アップ
  • スキルCT速度アップ
  • 装備CT速度アップ

アタッカーなので、攻撃力アップで火力の底上げはオススメです。

長期戦向きなので、スキルCTや装備CT速度アップも良いでしょう。

凶禍ロンの使い方

出血ユニットがロンだけの場合、まずは何よりも真奥義を打ちます。

ロンは、出血させないと何も始まりません。

その後、ケースバイケースで状況に応じて動くことが大切です。

  • 奥義で病気を付与させるのか
  • 真奥義の継続使用で出血レベルを上げていくのか
  • 超奥義で大ダメージを狙うのか

その時の場面に応じて使い分けましょう!

オートAIの調整はちょっと面倒そう。

凶禍ロンまとめ

凶禍ロン
総合評価
( 3 )
メリット
  • 出血を活かした立ち回りで与ダメ・命中率がアップする点は良い
  • 奥義の出血時に病気付与は強い
  • 出血の確率は100%のため、時間をかければレベルアップさせていきやすい
  • 効果時間の長い自己バフと水属性耐性ダウンの超奥義はかなり重いが火力は良い
  • 防御5装備が持てる
デメリット
  • 敵を出血にしなければ始まらない。全体的に性能が長期戦向きで重たい。
  • 優秀なサポーターが必須
  • スキルの奥義ゲージ供給30は数値的に厳しい
  • 真装備の専用アビリティが微妙

ロンの使い方は真奥義で出血付与した後は、場面に応じて対応をするのが大事。

全体的にサポート必須な重さを感じる性能ではあるものの、少しトリッキーなデバフ型アタッカーなので今後もしかすると輝く場面がくるかもしれません。

その他の超覚醒ユニットはコチラに掲載しています!

\ストアページはコチラ/

© GOOD SMILE COMPANY, Inc. Developed by NextNinja Co., Ltd.

※当サイトに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次