【パズドラ】凶星の飛将神・呂布 無課金的使い道・評価・テンプレパーティ

にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ
パズドラで呂布に超究極進化が追加となりました!
早速、凶星の飛将神・呂布の無課金的使い道・評価・テンプレパー
ティについて考察してみました^^

呂布は分岐ではなく究極進化ですので、
お間違いなく!w

スポンサーリンク




凶星の飛将神・呂布

2905

HP 攻撃 回復
3,813 2,293 0

究極進化前と比較して、HP1,000、攻撃100上昇しております。
回復力は0のままではあるもののHPが大幅に上昇しましたね^^

神・悪魔タイプに加えて、ドラゴンタイプが追加となりました!

【入手場所】
レアガチャのみ

【スキル】
天下無双の崩撃(初期:16ターン 最短:11ターン)
1ターンの間、悪魔タイプの攻撃力が3倍になり、敵全体に攻撃
力×10倍で攻撃するがHPが1になる

スキル内容は変更ありません。エンハンスがかなり強力です!

【リーダースキル】
業滅の鬼気
悪魔タイプのHPが2倍、攻撃力は3倍。
スキル使用時、悪魔タイプの攻撃力が1.5倍。

リーダースキルは大幅に上昇!
今までHPの上昇は1.35倍だったのに対して、2倍になりました
ので断然耐久力が上がりましたね^^
それでいて、スキル使用時の攻撃倍率が上がるようになった為
最高倍率も上昇(´・ω・`)

【覚醒スキル】
無題1
覚醒スキルは上記の通り。

封印耐性とバインド回復が追加となりました!
もともとバインド耐性2つで100%弾けるので、バインド対策と
して使用出来てしまいますね!!

超究極進化素材

無題
素材はそこまで難しくありませんので、実装後すぐに進化させ
られる人も多いと思います!

超究極進化ですので、退化させる必要はありません!
羅刹の飛将神・呂布からは進化出来ませんのでご注意を!!

テンプレパーティ考察

【無課金編成】
290598589476122061645

リーダー:凶星の飛将神・呂布
フレンド:究極 赤ソニ
サブ:左から
神王妃・ヘラ
闇黒魔王・ヴァンパイアデューク
道化龍・ドラウンジョーカー
闊達の灼冥魔・スカーレット

※プラスなしの値です。
HP:18,759(回復力2倍→37,518)
回復力:1,830(回復力2.5倍→4,575)
闇攻撃力:7,653
火攻撃力:4,308 水攻撃力:768
コスト:250

【覚醒スキル】
HP強化×1 攻撃力強化×1 火軽減×1 光軽減×2
バインド耐性×3 火ドロ強×1 闇ドロ強×3 操作時間延長×2
バインド回復×1 スキブ×7 火属強×3 闇属強×4
2way×1 封印耐性×2

【立ち回り】
HPだけが高くても耐久は出来ないので、以前からある呂布ソニが
相性が良いと思います!
悪魔染めでHP2倍、回復2.5倍、最高倍率攻撃力16.8倍!
それに加えて、闇列を組む事でさらに倍率上乗せ!!重要な場面
ではエンハンスで瞬間火力を更に上げることが可能です^^

ドラウンジョーカーで回復するもよし、バインドを回復するも良
しですので、バランスが取れたパーティが出来そうですね!!

【良いところ】
HP、回復力、攻撃力全てが高いレベルでバランスが取れています。
瞬間火力もありますので、大事な場面でキッチリ抜けますし、
ヘラのギガグラでも削る事が出来ます^^

それにドラウンジョーカーを採用することで回復枯渇時に使用し
ても良し、バインド回復時に使用しても良しです。

【悪いところ】
無課金編成だとちょっと無理があるので、封印耐性やバインド
対策も完璧ではありません・・・出来ればもう少し闇属性強化
の覚醒スキルが欲しいところ。

【サブ候補】
・無課金キャラ
ぶどドラ:闇属性強化2個持ち、かつ回復供給なのでスカーレット
をこちらへ変更でも全然ありですね^^

・課金キャラ
ヴァルキリークレール:属性強化2つ持ちかつ闇変換なので相性
バッチリ

パンドラ:回復供給と攻撃両方を兼ね備えており、覚醒スキル
も文句なし!! スタメン確定か!?

覚醒アヌビス:指が付きつつ、お邪魔や毒までも有効活用出来る
ので無駄がありません^^

明智光秀:属性強化2つ持ち、かつ攻撃と回復を供給出来るので
パンドラ同様にかなり使えるキャラです!

堕天使ルシファー:恨みの一撃を持っている為、呂布とのスキル
の相性が良いですね^^ それに加えて究極進化を遂げた事で
闇属性強化4つ持ち!!!

覚醒ヴリトラ:こちらも究極進化が増えた事でかなり強くなり
ました! 属性強化4つ持ちですし、神キラのおまけ付き!
こちらも恨みの一撃+エンハンスなので呂布で抜いた後の追撃に
向いています^^

スポンサーリンク

◎宜しければこちらもお願いします!◎
にほんブログ村 ゲームブログへ

コメントを残す